TOPページへ



紙薪は、新聞紙を再利用したブロック状のリサイクル燃料です。


  〜「紙薪」の使用例〜 


 
☆ 薪ストーブや暖炉の補助燃料に・・・
   →紙の薪1:木の薪2の割合で、燃焼補助材として利用でき経済的です。
 
 ☆ キャンプやバーべキューなどの燃料に・・・
   →燃焼温度が高くなりすぎず、焦がしにくいです。
    ※ただし、灰も出るため、焼肉は網焼きではなく、鉄板焼きでの使用がお勧めです。

 ☆ 普段使用しない方も、災害時に暖をとることができて役に立ちます。

 
 
「特徴など」
 
・単独では燃えにくく、燃焼補助材として重宝します。
 
・完全燃焼しても木の薪と同様に煙や灰が出ます。
 ・燃え残った灰は、野菜畑や花畑に使うと、肥料効果が見込めます。
 ・木薪の使用を減らし、森林の保護にもつながります。
 ・1つの重さが250g〜400g程度と、作り始めて間もないため、大きさ・重さにバラつきがあります。
 ・現在のところ当事業所では、1日5個程度しか作成できず、大量発注は承れません。

「販売価格」:1kg 50円


〜お問い合わせ〜
松本ひよこ「波田しなのハイツ」
電話:0263−88−6970


新聞紙の紙とインクの安全性について

通常、新聞紙を燃やした際に害があるという報告はございません。

日本製紙連合会のホームページ調べ

印刷インキ工業連合会ホームページ調べ